乾燥肌・敏感肌はなぜ起こる?
乾燥肌・敏感肌の原因を理解し、適切に対処しましょう。
乾燥肌・敏感肌を自覚する人が増えています。原因を理解し適切な対処を心がけることがたいせつです。
乾燥肌・敏感肌とは
「乾燥肌・敏感肌」とは、一般的に角質層の保湿機能が低下し肌トラブルを起こしやすい肌の状態をいいます。皮膚のバリア機能も低下するため、ばい菌や埃(ほこり)などのアレルゲン(アレルギー原因物質)が皮膚から身体に侵入しやすくなり、外部からの刺激にも敏感になります。
乾燥肌・敏感肌になる原因はさまざま。冬場の乾燥、夏場の強い紫外線といった肌への直接的なダメージに加え、不規則な生活などによるストレスも引き金になるといわれています。
適切な対処を
乾燥肌・敏感肌の場合は、低下した保湿機能を補うため、保湿効果の高いクリームやローションなどでケアをしてください。ばい菌などが侵入しやすい状態ですから、肌を清潔にし、着用する衣類も清潔に保ちましょう。毛足の長いセーターなど、皮膚への刺激につながるような衣類は、直接肌に触れないように注意して。
衣類と洗濯にも気配りを
乾燥肌・敏感肌になるとわずかな刺激にも敏感に反応してしまうため、チクチクするセーターや下着の締め付け部分にもかゆみを感じることもあります。衣類を購入する時は「肌触り」も選択基準のひとつに加えてください。毎日のお洗濯に、肌触りよく仕上がる柔軟剤を使ってみるのもおすすめです。
上手につきあっていくつもりで
かゆみや痛みなどの症状が悪化すると、治療が長期化することも多く、精神的な負担も大きくなります。そうなる前に適切な対処を心がけ、日々上手に乾燥肌・敏感肌とつきあっていくようにしてください。

前のコラムへ